多汗症の治療法が動画で分かる
↓↓↓

2008年11月03日

多汗症と漢方薬

多汗症と漢方薬について
多汗症はその人が持つ元々の体質です。

多汗症を根本から解決するためには、
体質改善をしていく事も治療の一つです。
体質改善をするために効果的なものが漢方薬です。

漢方は、体の悪い部分を元から治療していく方法です。

そのため、一般的に用いられているボトックス注入法や
切除法などと異なり、効果を実感するには時間がかかるため、
即効性を求めている方には不向きな方法です。

多汗症と漢方については、体質によっても用いる漢方薬が異なります。

そのため、多汗症による漢方薬の利用に関しては、
医師の診断を元に服用したほうが良いです。

間違った漢方薬を飲み続けても効果は表れません。

多汗症治療の漢方薬に黄ギを含んだものが用いられます。

黄ギには発汗の調節作用があると言われています。

この黄ギを含んだ漢方薬で多汗症治療に用いる場合、
症状により処方は異なります。

多汗症の症状は大きく3つに分類されます。

1つ目に水ぶとりや肥満気味の人、大量に汗をかくという症状を持つ人です。

2つ目に緊張をしたりして、汗をかくという精神的なストレスなどが原因の症状を持つ人です。

この精神的なものが原因の人に用いられるのは、
緊張を和らげる漢方薬です。

3つ目に疲れやすいなどの虚弱体質の人に用いられる漢方です。

虚弱体質の方は、交感神経のバランスを整えていくことにより多汗症を改善していきます。

ちなみに多汗症の人に多く見られるのが、
虚弱体質の人と言われています。虚弱体質の人は代謝の巡りが悪いため、老廃物などをうまく発散できないなどの症状を持っています。

多汗症治療の漢方薬利用は多汗症を改善するだけでなく、
体の根元から悪い部分を改善していく効果があります。

posted by 多汗症 at 00:09| Comment(0) | 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。