多汗症の治療法が動画で分かる
↓↓↓

2008年11月04日

多汗症防止の食べ物

多汗症を防止する食べ物
多汗症を防止する食べ物として注目されているのが和食です。

日本人が本来中心としていた食事です。

和食は魚や野菜を中心としていて、
とても淡白で低カロリーでヘルシーな食べ物です。

多汗症を引き起こしやすい食べ物として、
肉類や乳製品類が挙げられます。

肉類は動物性脂肪を多く含んだ食品です。

乳製品は中性脂肪を多く含んだ食品です。

これらの食品を多く含んだ食生活を続ける事により、
皮下脂肪が蓄積されていきます。

皮下脂肪はアポクリン汗腺や皮脂腺を刺激して、
発汗の働きを活発化させます。

それによりアポクリン汗が多く作られ、表面に分泌されます。
そして細菌に分解され、その結果多汗症を引き起こしてしまうのです。

近年の日本人の食生活は肉類を中心とした欧米風の食事が多いです。

ファーストフードなども一例です。

欧米人にワキガの人が多いのは、やはり食生活が肉類、乳製品が中心である事が原因です。

辛いものなどの刺激の強い食べ物も発汗作用があるため、多汗症の原因となります。

多汗症を防止するためには、やはり野菜、魚などの良性のたんぱく質を摂取する事が望ましいです。

特に緑黄色野菜は皮膚の新陳代謝を促し、
肌の抵抗力を高めるので細菌の繁殖を防ぎます。

和食でよく使われるゴマも効果的です。

ゴマに含まれるビタミンEは、過酸化脂肪の発生を抑えます。

多汗症を予防するためには、日ごろの食生活を見直し、油っこい食事は量を減らし、低カロリーで淡白な食生活を心がけていく事が大切です。

posted by 多汗症 at 00:15| Comment(0) | 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。