多汗症の治療法が動画で分かる
↓↓↓

2008年11月05日

多汗症を予防する生活

多汗症を予防する生活
多汗症は初期症状の場合、
生活習慣を見直すことで改善していくことができます。

まず、お酒を飲む方やタバコを吸う方に多汗症症状は多く見られます。お酒やタバコは汗腺の活動を活発化させるため、それが発汗状態となり、臭う原因となるのです。

そして食生活です。

多汗症の人に多く見られる傾向として、肉類の食事が好きという点です。

もともと日本人は淡白な食事が中心の人種でしたが、近年では欧米化してきているのと共に多汗症の方が増えてきています。欧米風の食事としては、肉類が中心の高カロリー、高脂肪のものが多いように見えます。

この高カロリー、高脂肪の食事がなぜ多汗症の原因となるのでしょうか?

皮下脂肪が蓄えられていき、その皮下脂肪がアポクリン汗腺や皮脂腺を刺激して、働きを活発にするのです。

多汗症を予防する、治したいという人は日本人が本来食していた和食が一番良いのです。

和食の中心となるものは、野菜や魚などです。

低カロリーで油をあまり使わない食事が多いので、アポクリン汗腺を刺激する要素が非常に少ないのです。

和食中心の食生活は、多汗症を防ぐだけではなく生活習慣病の予防や美容にも効果があるので一石二鳥な食生活です。

多汗症の原因の一つとしてストレスもあります。

精神的不安などにより大量に汗をかく方がいます。

そこで、多汗症予防の一つとして運動で体を動かす事もお勧めです。

人によりストレス発散方法は異なりますので、自分なりに見つけていくと良いと思いますが、体を動かすことでリフレッシュできます。

アロマやマッサージ、エステなども良いでしょう。
ラベル:多汗症予防
posted by 多汗症 at 00:18| Comment(0) | 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。