多汗症の治療法が動画で分かる
↓↓↓

2008年11月06日

多汗症の治療法

「多汗症の対応方法、対策方法、治療方法」

多汗症の方で悩みとして多いのが脇の汗です。

脇の汗により服が黄ばんでしまい、
その黄ばみは案外目立ってしまうものです。

しかも、普通の洗濯ではなかなかその黄ばみを
落とす事は難しいのです。

また多汗症とは、脇だけではなく手のひらや足の裏にも
症状がでる場合もあります。

特に手に症状が出る場合だと、日常生活に支障をきたす程
の汗がでる事があります。

症状は人により出方が異なります。

脇の場合の多汗症の身近な対応方法として、
制汗スプレーやボディシートを携帯する方法があります。

服に汗染みができない対策方法として
汗脇パッドをつける方法もあります。

しかし、これらの対策は一時的なものであり、
根本的な解決とはなっていません。

しかも制汗スプレーの使いすぎは色素沈着を
引き起こすと言われています。

悩める多汗症を解決するためには、
医学的に治療をする必要があります。

多汗症の治療方法にはボトックス注射法があります。

この治療方法が一般的で比較的身近な治療方法として、
広く活用されています。

ボトックス注射法は、ボツリヌス菌を脇の下に注入し、
汗の分泌などを抑える治療方法です。

これは、手のひらや足の裏の症状にも効果的です。

この治療方法は、数分で終了する上、痛みは少ないので体への負担も少なく済みます。
料金は病院により様々ですが、15万円前後が一般的です。
効果は注入後、数日で現れます。

そして個人差がありますが、半年から1年程効果は持続します。

長期的なものではないので、治療後気になり始めたら、
また注射を打つ必要があります。
posted by 多汗症 at 00:21| Comment(0) | 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。