多汗症の治療法が動画で分かる
↓↓↓

2008年11月08日

多汗症の症状

多汗症の症状は多汗症の種類によって少々変わってきますが、たいていは緊張などで交感神経を刺激されたときに起こる症状のようです。

体質的には物事に神経質な人でしょうか。

周囲を気にすることでストレスや緊張になってしまいますので、局所性多汗症が発生してしまう可能性もあるわけです。

多汗症の症状は全身・手のひら・足の裏・脇の下・頭部・食事で分けられ、全身性の多汗症の症状は比較的多くの人がなっているといわれています。

手の平の場合、注意したいのは手汗と手掌多汗症との違いです。手汗は緊張状態によりかく汗のことで自然現象です。

しかし手掌多汗症の症状は“緊張しなくても”常に手のひらに汗をかいている状態になります。

その辺をきちんと見極める必要があります。

またもっとも症例数が多いといわれている局所性多汗症ですが、局所性多汗症の症状は身体の限定された箇所に発汗が見られるようになります。

手のひらや足の裏、脇の下、顔、頭部などもこの局所性多汗症に含まれます。

多汗症の症状で気をつけたいことは、多汗症と汗かきの相違点です。

いくら汗かきだからといって、必ずしも多汗症には含まれません。多く汗をかく場合でも、体内で体温調節をしているのであればそれはただの汗かきとなります。

しかし逆に体温調節が不要で多く汗をかく場合はエクリン汗多量「症」となり多汗症の症状にふくまれるようになります。

もちろん手術で治すことも可能ですし、場合によっては自力で治すこともできます。

病院で治療を行う場合は、たいていボトックス注射か超音波治療、交感神経の切除などで治療していきます。
posted by 多汗症 at 00:28| Comment(0) | 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。